セブンプラスバイリンガルを作った七田式教育法って?

セブンプラスバイリンガルを作った七田式教育法って?

 

セブンプラスバイリンガルは、
七田式教育のメソッドを詰め込んだものだとうんですけれど・・・

 

ところで、七田式教育って何だか知っていますか?

 

色鉛筆

 

少し前に、女優の本田望結ちゃん、フィギュアスケートの本田真凛ちゃん姉妹が
「チャイルドアカデミー」に通っていることが話題となりました。

 

チャイルドアカデミーは一言でいうなら
子供向けの塾のようなもので、七田式教育を取り入れています。

 

七田式教育は、創始者である七田眞さんが作り出した
子供の能力開発のためのメソッド。

 

幼児教育

 

七田眞さんは日本の英語教育のパイオニアとも言われ、
その内容は全世界でも認められているのです。

 

実際、七田式教育は全世界13ヶ国で行われており、
世界でおよそ4万人の子供たちが七田式教育で学んでいるんです。

 

七田式教育のコンセプトは、子供の才能を引き出すこと。

 

知識を与えるのではなく、
子供が本来持っている才能を引き出すことに重きをおいています。

 

右脳と左脳

 

私たちは、一生のうちに3%ほどしか脳を使っておらず、
使っていない残りの97%は、ほとんど右脳に位置しているそう。

 

七田式教育ではこの「右脳の能力」に注目し、
様々な方法で子供の才能の開花を行っているんですね。

 

七田チャイルドアカデミーについて

 

本田真凛ちゃん、望結ちゃん姉妹が通っているとして
一気に注目を集めた、七田チャイルドアカデミー。
(2018年、EQWEL・イクウェルチャイルドアカデミーにブランド変更されました)

 

EQWEL・イクウェルチャイルドアカデミー

 

卒業生のなかには、本田姉妹のように
世界を舞台に活躍している子供たちも少なくありません。

 

そんなチャイルドアカデミーは、

 

・未来に伸びるチカラを育てる
・能力のベースを築くプログラム
・学ぶ意欲を育てるレッスン
・少人数クラス&専任講師
・年齢別オリジナル教材

 

という6つのポイントに基づいて行われています。

 

本田姉妹の特集を見て、
七田式教育やチャイルドアカデミーに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

 

正直なところ、私もその1人です。

 

チャイルドアカデミー

 

しかし私がチャイルドアカデミーに通わせるよりセブンプラスバイリンガルを選んだ理由は、

 

・月謝や教材費などの毎月の費用が気になる
・毎回決まった時間に付き添わないといけない
・講師との相性や教室によってやり方に違いがあるかも…

 

という点を考慮したとき、セブンプラスバイリンガルの方がいい!と思ったからです。

 

チャイルドアカデミーは、都心部と地方で費用が異なり、
都心部では入会金20,000円、月謝14,000円、教室維持費2,200円、
教材費実費とかなりお金がかかります。

 

また、チャイルドアカデミー(七田式教育)ではペアレンツ・エデュケーションという
親に対しての教育プログラムもあるため、レッスンには必ず親も付き添わなくてはなりません。

 

月謝

 

我が家には赤ちゃんもいたので、毎回必ず付き添うのは難しいかなと感じました。

 

さらに、我が家は都心ではなく地方であるため、
本田望結ちゃんたちがやっていたような質の高いプログラムが学べるのかな?という不安もありました。

 

同じ教育メソッドをベースにしているとはいえ、講師との相性ややり方で変わってしまいますからね。

 

このような理由から、我が家はチャイルドアカデミーではなくセブンプラスバイリンガルを選びました!

 

自宅でやるのなら赤ちゃんがいても大丈夫ですし、
むしろ赤ちゃんにも効果があるかも?と期待していたのもあると思います。

 

 

教材の詳細を知りたい方は⇒
【7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)】世界の七田式子供向け英語教材

 

 

 

当サイトを経由して「セブンプラスバイリンガル」をお申し込みの方だけに

 

販売元からの特典に加えて

 

特別な限定プレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容、お受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容をチェック

 

上記の特典付きで申し込む方はボタンをクリックして「公式サイト」へ

 

セブンプラスバイリンガル