セブンプラスバイリンガルの具体的な学習方法は?

セブンプラスバイリンガル(7+BILINGUAL)の具体的な学習方法は?

 

CD背表紙

 

たった35日間で子供が英語を話せるようになるというセブンプラスバイリンガルですが、
具体的にはどのような学習方法で勉強をするのでしょうか。

 

セブンプラスバイリンガルは、

1、フレーズ単位のインプット
2、フレーズの完全記憶

という2つのステップによって、子供のバイリンガルスイッチをオンにします。

 

詳しく見ていきましょう。

 

フレーズ単位のインプット

 

CDを聞く幼児

 

まず始めに理解しておかなくてはいけないのは
「子供は大人のように、日本語と英語を区別していない」ということ。

 

大人はどうしても、過去に英語を学んでいることからも
「本は英語でbook(ブック)」と、日本語と英語を区別してしまいます。

 

これは仕方がないことでもありますが、子供はそうではありません。

 

耳で聞いた「音」としてとらえていて、その認識した音をただ口に出しているにすぎないのです。
つまり、子供は聞いた英語(音)をそのままインプットします。

 

親の話し方を真似たり、集団生活を始めると言葉遣いが悪くなったりするのは、
周りの人が言っている言葉(音)をそのままインプットしてしまうからだと言えるでしょう。

 

セブンプラスバイリンガルでは、あえて単語ではなくフレーズで音を流します。

 

大人の感覚だと
「単語の意味は分かるの?」
「文法は大丈夫?」などと気になってしまいますよね。

 

しかし、単語の意味や文法はそこまで意識しなくても大丈夫。

 

デスクトップ

 

セブンプラスバイリンガルは「ゆっくり簡単な英語」を聞かせるのではなく、
「普通の英会話」を一般的な会話のスピードで流します。

 

そうすることで音として大量にフレーズをインプットし
「こういうときにはこう言う」と感覚的に分かっていくのです。

 

フレーズの完全記憶

 

子供は覚えるのも早いですが、同時に忘れるのも早いです。

 

音として理解してインプットしても、忘れてしまったのでは意味がありません。

 

そのため、覚えた音を「自分のもの」にしていく必要があります。

 

声に出す

 

セブンプラスバイリンガルでは何度も聞き、
何度も口に出して覚えることで、フレーズを体に染み込ませていきます。

 

脳の奥深くにフレーズを定着させることができれば、
子供は覚えた音を口に出したくてたまらなくなるでしょう。

 

それが、セブンプラスバイリンガルの「子供が急に英語を話し出した!」ということに繋がるのです。

 

脳の奥深くにまで英語のフレーズが定着するよう、フレーズの完全記憶を目指しましょう。

 

実際のセブンプラスバイリンガルの学習の流れ

 

フレーズ単位のインプットやフレーズの完全記憶と言われても、いまいちピンとこない人もいますよね?

 

実際には、どのような流れでセブンプラスバイリンガルを使うのでしょうか。

 

本編テキスト

※本編テキスト

 

セブンプラスバイリンガルのステップとしては、

・テキストやイラストを見ながら日本語で会話文を聞く
・普通の話すスピードで英語の会話文を聞く
・3倍速でストーリーを英語で聞く
・会話文を英語で音読(まね)する

というもの。

 

まずは日本語で会話文を流し、
どんな流れや雰囲気の会話なのかをイメージできるようにします。
CDを使うので、親が朗読するようなことはありません。

 

続いて、先程日本語で流したのと同じ場面の会話を英語バージョンで流します。
普通のスピードで流したあと、3倍速で流れます。
速いスピードで音を流すことで、右脳を鍛えることができるのだとか。

 

ここまでは、ただCDを聞くだけでいいのです。
聞きながら、テキストやイラストを見て情景を浮かべられれば最高ですね!

 

イラスト集

※子供の興味を引きつけるイラスト集

 

4つめのステップで、初めて英語を口に出します。

 

2つめのステップで流した英語の会話文が流れますが、
ここでは音声が流れたあとに数秒間の無音があります。

 

この無音のところで、同じセリフを口に出しましょう。

 

いくら七田式教育が素晴らしくても、
聞いているだけでは英語を覚えて話すようになるのは不可能です。

 

やはり、口に出して覚えることが大切。

 

何度も口に出すことで、脳の奥深くにまでインプットされていくでしょう。

 

実際のセブンプラスバイリンガルの流れとしては、このような感じです。

 

我が家では3歳の息子と5歳の娘に同時にやらせていました。

 

テキストやイラストはコピーすればいいので、
教材を1つ買えば二人が一緒に学べるというのもセブンプラスバイリンガルのメリットでした!

 

テキストセット

 

個人的な感想としては、ステップ4の真似をして英会話を音読するところは、
小さい子にはちょっと難しいように感じました。

 

いきなり「真似して言ってみて」と言っても無理な話なので、
子供が慣れるまでは私も一緒に音読していましたよ。

 

テキストに英文が載っているので、英語の聞き取り能力が乏しい私でも安心でした。

 

 

教材の詳細を知りたい方は⇒
【7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)】世界の七田式子供向け英語教材

 

 

 

当サイトを経由して「セブンプラスバイリンガル」をお申し込みの方だけに

 

販売元からの特典に加えて

 

特別な限定プレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容、お受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特典内容をチェック

 

上記の特典付きで申し込む方はボタンをクリックして「公式サイト」へ

 

セブンプラスバイリンガル